サンクスの消滅(閉店)で変わるコンビニ業界!

 

 

 

 

 

 

 

2016年9月、サークルK・サンクスが、

ファミリーマートにブランド吸収されることで消滅する。

 

 

 

これによって、店舗数ではセブン・イレブンを抜きトップに、

売上ではセブン・イレブンには負けるが、ローソンを抜いて、

2位となる、巨大グループが誕生することになる。

 

 

 

コンビニ業界の地殻変動は、まだまだ続くと予想されている。

 

 

 

例えば、ローソンは、広島が地盤の中堅コンビニチェーン、

『ポプラ』 の買収に動くと見られており、

業界5位のミニストップと、中堅コンビニチェーンのスリーエフが、

生き残りをかけて、統合に動くのではとの見方もある。

 

 

 

こうした動きは、かつての銀行再編にも似ていると言え、

予断を許さない状況である。

 

 

 

そもそもサンクスは、ファミリーマートと以前、

合併寸前まで行きながら、破談となっている。

 

 

 

それが実った背景には、コンビニ業界が、

頭打ちになっている状況がある。

 

 

 

地域によっては、駅周辺に、

 

 

 

・セブン・イレブン

・ローソン

・ファミリーマート

・サンクス

 

 

 

が、あるところも少なくない。

 

 

 

合併することで、競争力を高めることが、

店舗によって、出来不出来の激しいコンビニの、

改善に繋がるのなら、消費者にとって悪い話ではない。

 

 

 

ずさんな管理体制や、元従業員からの提訴など、

コンビニを巡る悪評は、以前より増えているのが実情だ。

 

 

 

また、食品関係の添加物の問題も、再三指摘されている。

 

 

 

今回の業界再編が、消費者にとっての、

サービス向上になることを、願ってやまない。